コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pax Britannica PaxBritannica

世界大百科事典内のPax Britannicaの言及

【イギリス】より

…一方経済的には,特恵関税制度を実施(1932),連邦諸国との相互依存関係が強化された。(2)勢力均衡政策 ウィーン会議(1815)から第1次世界大戦にいたる100年間,イギリスは七つの海を支配する海軍力と最先進の経済力を背景にして,〈イギリスの平和Pax Britannica〉を維持した。イギリスが極度に恐れたのは,どの国かがヨーロッパ大陸で絶対的な優勢を確立してオランダ,ベルギーなどの独立を脅かし,反英大陸同盟が結成されることであった。…

【光栄ある孤立】より

…19世紀のイギリスが,その経済力と海軍力を背景にしてとった対ヨーロッパ大陸政策。ウィーン会議(1815)後のイギリスは,〈イギリスの平和Pax Britannica〉を維持するため,大陸諸国間に勢力を均衡させ,自らは大陸の事態から超然として貿易拡大と海外進出に専念した。この孤立政策は,ビスマルクの創出したドイツ,オーストリア,イタリアの三国同盟(1882)とこれに対立する露仏同盟(1891)とが均衡している間は,イギリスの国益に奉仕した。…

※「Pax Britannica」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone