コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Philipp Philipp

世界大百科事典内のPhilippの言及

【シュタウフェン朝】より

…とりわけ,ハインリヒ6世とシチリア王女コンスタンツェとの結婚を通じて,シチリア王国がシュタウフェン朝の皇帝の手中に帰したことは,すべての反シュタウフェン政治勢力を結集せしめる結果となった。そして,1197年,ハインリヒ6世が2歳の王子(フリードリヒ2世)をシチリアに残して夭折すると,この機をとらえた教皇は諸侯を動かしてウェルフェン家のオットー4世Otto IV(在位1198‐1215)をドイツ国王に選出せしめ,これに対抗するシュタウフェン派は皇帝の末弟フィリップPhilipp(シュワーベン公)を擁立,ドイツは二重国王体制の混乱に陥る。 1208年,フィリップが私怨によって暗殺され,中心を失ったシュタウフェン家の勢力を再び興したのは,フリードリヒ2世であった。…

※「Philipp」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Philippの関連キーワードシーボルト(Karl Theodor Ernst von Siebold)ホフマン(Johann Joseph Hoffmann)竹内玄同(たけうちげんどう)青木周弼(あおきしゅうひつ)ライプニッツ=ウォルフ学派岡研介(おかけんすけ)ザイデルの五収差ペデイオライトシュターミッツシーボルト台風黄斑鬚長小繭蜂エルスハイマーレクラム文庫ジーボルトノバーリス朱嘴砂糖鳥白十字亀虫楢林宗建二宮敬作伊藤圭介

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Philippの関連情報