Photisarath

世界大百科事典内のPhotisarathの言及

【ランサン王国】より

…以後ラーンナータイと政治・文化上の接触は著しくなった。ラーンナータイの王統が絶えかけた1546年,ポティサラ王Photisarath(在位1520‐47)は長子セーターティラートを同国の王として送り,一方,中部経由でベトナム侵攻を画したが,翌年急死した。セーターティラート王はビルマのタウングー朝の勢力拡大に抗しつつ,1556年ビエンチャンに遷都し,タイのアユタヤ朝と同盟を結び,タイ,カンボジア方面に兵を送った。…

※「Photisarath」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android