コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Phyllostomatoidea Phyllostomatoidea

世界大百科事典内のPhyllostomatoideaの言及

【コウモリ(蝙蝠)】より

…キクガシラコウモリ上科Rhinolophoideaには左右の耳介が頭頂で連なるミゾコウモリ科,肉食のアラコウモリ科,鼻孔のまわりに鼻葉が発達するキクガシラコウモリ科,カグラコウモリ科が含まれる。ヘラコウモリ上科Phyllostomatoideaには,尾がないか,あるいは尾が腿間膜外に突出し,鼻葉があるヘラコウモリ科,短毛のクチビルコウモリ科(ガマグチコウモリ科)の2科が含まれる。ヒナコウモリ上科Vespertilionoideaには鼻葉がなく耳珠が顕著なアシナガコウモリ科,第1指が痕跡的なツメナシコウモリ科,第1指につめと吸盤があるスイツキコウモリ科,耳珠と耳介が合一するサラモチコウモリ科,耳珠がよく発達するヒナコウモリ科,尾が短く,腿間膜上面の中央付近から上方に突出するツギホコウモリ科,腿間膜が短く尾がその後縁から後方に長く突出するオヒキコウモリ科がある。…

※「Phyllostomatoidea」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android