コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Polydiexodina

世界大百科事典内のPolydiexodinaの言及

【フズリナ】より

…はじめは石炭紀のエオスタッフェラEostaffellaのように数百μmの大きさでレンズ形のものが,しだいに大きさを増し,球形,紡錘形,長円筒形と変化し,この間,壁の組織,構造もしだいに複雑になった。最大のものは二畳紀のポリディークソーディナPolydiexodinaのように長さ数cmに達するものがある。また系列によっては,ニッポニテラNipponitellaのように軸の回りに旋回する殻壁がほぐれてくるものもある。…

※「Polydiexodina」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報