コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Poullain de la Barre,F. PoullaindelaBarreF

世界大百科事典内のPoullain de la Barre,F.の言及

【プーラン・ド・ラ・バール】より

…フェミニズム(女性解放)の理論家。パリで神学を学ぶうちにデカルト哲学を知り傾倒,カトリック教義をすてジュネーブに移って語学教師となる。《両性の平等に関する身体および精神論》(1673),《男性優位論》(1675),《婦人教育論》(1679)を匿名で出版し,デカルトの方法的懐疑を社会学,特にフェミニズムに適用し,男性の知的・身体的優越という偏見を打ち破る論を,男性としてはじめて徹底的に展開した。第2作では帰謬法(間接証明)を用い,女性の身体的・市民的隷属は偶然と暴力と習慣の結果にすぎないとし,さらに権力と民衆の社会契約の必要性の思想にまで至っている。…

※「Poullain de la Barre,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Poullain de la Barre,F.の関連キーワードギランバレー症候群GBS聖フィンバー大聖堂セントフィンバー大聖堂バール・イ・ヴァ荘ゴング(ロック・バンド)平行棒(体操競技)ボルテールユスフ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android