コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Pseudopyxis Pseudopyxis

世界大百科事典内のPseudopyxisの言及

【イナモリソウ】より

…山地の木陰に生えるアカネ科の軟らかい多年草(イラスト)。名前は,江戸時代に名古屋の花屋が伊勢菰野(こもの)の稲森山に多産するこの植物をとり,イナモリソウと名付けたことによるという。細い地下茎が地中をはい,地上茎は高さ1.5~10cm。葉は卵形で1~3対あり,茎の先に集まって4枚が輪生しているようにみえることもある。花は葉腋(ようえき)または茎の先につき5数性,5~6月に咲く。花冠は筒状漏斗形で長さ2~2.5cm,淡紫色で美しい。…

※「Pseudopyxis」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Pseudopyxisの関連キーワードサツマイナモリ(薩摩稲森)稲荷森草

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android