コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Q 値

大辞林 第三版の解説

Q 値

周期的な外力による振動や電気的共振回路の強制振動の際に、共振の鋭さを表す量。Q 値が大きいほど共振が鋭い。
核反応などの過程で、吸収または放出される全エネルギー。反応前後での粒子の質量エネルギーの差。
熱損失係数。住宅の断熱性能を表す数値。小さいほど性能が高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

Q 値の関連キーワードアルフレイ‐プライスの式(高分子化学)ウィグナーの位相空間分布関数ホイートストン・ブリッジ等分平均律(音階)淘汰係数(生物の)トリチェリの定理ねじれ(捩れ)ホーナーの方法内部エネルギー質量エネルギーQスイッチングジュールの法則ブリッジ回路水晶フィルタキャリエ係数デフレーター微分作用素三角不等式Qスイッチ静電単位系

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android