Q-U

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

Q-U

QUESTIONNAIRE―UTILITIES(楽しい学校生活を送るためのアンケート)の略。学級集団の状態や、子ども一人一人の意欲満足感などを測定できるとされる。クラス全体の状態を把握する「学級満足度尺度」は、一人一人の結果を上のような図=図書文化社「学級づくりのためのQ―U入門」から引用=に落として分析する。縦軸はクラスに居場所があるかを示す「承認得点」、横軸はいじめなどの侵害行為を受けているかを示す「被侵害得点」。クラスの状態は4象限のうち右上の分布が多いほど良く、左下が多いほど悪いと判定される。右下の「非承認群」の子はクラス内で認められることが少なくて意欲が低く、左上の「侵害行為認知群」の子は自己中心的な面や被害者意識が強いとされる。上の図で、左側のような状態のクラスでは子どもたちは教師の言うことをきかなくなり、互いに傷つけ合う行動が目立つとされる。上手に対策を施すと右側のような状態となり、子どもたちが積極的に行動し活気と笑いのあるクラスになるという。

(2010-10-10 朝日新聞 朝刊 教育1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

Q-Uの関連情報