R. アンシュッツ(英語表記)Richard Anschüts

20世紀西洋人名事典の解説

R. アンシュッツ
Richard Anschüts


1852.3.10 - 1937.1.3
ドイツの化学者。
ボン大学教授。
ダルムシュタット生まれ。
ハイデルベルク大学ではブンゼンに師事し、その後ケクレの助手としてボンに行き、ケクレの死後教授となる。有機酸について幅広い研究をして、ケクレ生誕100年記年に伝記を完成したり、クーパーの埋もれた業績を探究した。著作に「Die Destillation unter vermindertem Druck im Laboratorium」(1887年)、「August Kekulé,Leben und Wirken」(1929年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android