R. アンシュッツ(英語表記)Richard Anschüts

20世紀西洋人名事典の解説

R. アンシュッツ
Richard Anschüts


1852.3.10 - 1937.1.3
ドイツの化学者。
ボン大学教授。
ダルムシュタット生まれ。
ハイデルベルク大学ではブンゼンに師事し、その後ケクレの助手としてボンに行き、ケクレの死後教授となる。有機酸について幅広い研究をして、ケクレ生誕100年記年に伝記を完成したり、クーパーの埋もれた業績を探究した。著作に「Die Destillation unter vermindertem Druck im Laboratorium」(1887年)、「August Kekulé,Leben und Wirken」(1929年)などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android