コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RDF焼却発電事業

1件 の用語解説(RDF焼却発電事業の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

RDF焼却発電事業

RDFは可燃ゴミを細かく砕いて乾燥し固めたもので、国のダイオキシン規制強化を背景に全国的に広まった。三重県では、RDF全国自治体会議(当時)の会長も務めた北川正恭前知事が推進。県企業庁が建設、運営し、6団体14市町がRDFを持ち込む。2009年度は約4万6千トンのRDFを処理し、電力は中部電力と桑名広域清掃事業組合に売却。だが、事業は一度も単年度黒字にならず、企業庁の内部留保金を切り崩し、赤字を穴埋めしている。

(2010-09-26 朝日新聞 朝刊 三重全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RDF焼却発電事業の関連キーワード寒水フラッペ塵固形燃料ごみ固形燃料(RDF)北上市のごみ事情RDFと白老方式県のRDF事業

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone