コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RETRIEVER(レトリーバー)

デジタル大辞泉プラスの解説

RETRIEVER(レトリーバー)

エイ出版社が発行する趣味・専門誌。ラブラドール、ゴールデンなどレトリーバー犬種に関する情報を紹介。3、6、9、12月の14日発売。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典内のRETRIEVER(レトリーバー)の言及

【猟犬】より

… 鳥猟としては鷹狩が古く,その際イヌは獲物の発見と追いたてを受け持ったが,猟銃による狩猟が行われるようになると,イヌは狩猟者を補佐し,獲物の発見,追いたて,追跡,回収などの仕事の一部分を受け持つようになった。獲物の方位を前肢を曲げてポイント(指示)するポインターpointerや,セット(伏せる姿勢のことであるが,現在は伏せず立ち止まって頭を向ける姿勢も含む)して知らせるセッターsetter(セターともいう),撃ち落とされた獲物をくわえてレトリーブ(回収)するレトリーバーretriever,あるいはその全般をこなすスパニエルspanielが知られている。なかでもイングリッシュ・ポインター,イングリッシュ・セッターが鳥猟犬として,日本ではもっとも多く使用されている。…

※「RETRIEVER(レトリーバー)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RETRIEVER(レトリーバー)の関連情報