コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RH 法 あーるえっちほう

世界大百科事典内のRH 法の言及

【炉外精錬法】より

…1952年に開発された流滴脱ガス法として知られる真空脱ガス法は,鋼中の水素除去を目的としていたが,これが今日の炉外精錬法の始まりである。56年には真空吸上式のDH法,58年には環流式のRH法が開発され,水素のみではなく,酸素,炭素,酸化物系介在物の除去機能をも果たすようになった。大量の溶鋼を処理しうることから転炉用に普及し,しだいに電気炉にも採用されるようになった。…

※「RH 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

RH 法の関連キーワードラプソディー・イン・ブルーNOx吸蔵還元型三元触媒焼成リン肥(焼成燐肥)クリミアコンゴ出血熱シュリンケージ採掘法ロールシャハ・テスト日本耳鼻咽喉科学会日本レオロジー学会ランドシュタイナーラントシュタイナー子供の不思議な角笛血液型不適合妊娠カルボニル化合物シュワーベの法則日本不整脈学会リアリズム法学アッバ・マリ特別権力関係Se式血液型単原子層成長