コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RPS 法

大辞林 第三版の解説

RPS 法

〔renewables portfolio standard〕
正称、電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法。電気事業者に対し、販売量に応じた一定量以上の、新エネルギーから得られる電気の利用を義務づける法律。2003 年(平成 15)施行。新エネルギー等利用法。 → RPS 制度

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

RPS 法の関連キーワードアブラハム(Karl Abraham)再生可能エネルギーの固定価格買取制度バートン(Tim Burton)新エネルギー利用特別措置法再生エネルギー特別措置法案セルビア語/クロアチア語新エネルギー利用特措法駈け出した死体コーパス言語学シュラーゲター固定価格制度太陽光発電低炭素社会民族心理学RPS制度風力発電RPS法デスノスケロールブント

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

RPS 法の関連情報