コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RS-232 あーるえすにさんにしー

1件 の用語解説(RS-232の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RS-232

RSは「Recommended Standard」の略。RS-232EIA(Electronics Industry Association)が策定したシリアル通信の標準規格。25ピンのD-Subまたは9ピンのD-Subコネクターを用いる。規格上は25本の信号線すべてに対してその目的とタイミングが規定されているが、実際のデバイス接続では、このうちの数本しか利用されないことが多い(シリアル通信であるため、データを送る線はただ1つのみ)。1994年にこの規格の正式名称はTIA/EIA-232-Eとなったが、現在でも一般にはRS-232規格と呼ばれることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RS-232の関連キーワードRSウイルス食みRSRS232Cクラム則シュヴァルツシルト半径ダブル・デューティ・アドバタイジング

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RS-232の関連情報