コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RS-232 あーるえすにさんにしー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RS-232

RSは「Recommended Standard」の略。RS-232はEIA(Electronics Industry Association)が策定したシリアル通信の標準規格。25ピンのD-Subまたは9ピンのD-Subコネクターを用いる。規格上は25本の信号線すべてに対してその目的とタイミングが規定されているが、実際のデバイス接続では、このうちの数本しか利用されないことが多い(シリアル通信であるため、データを送る線はただ1つのみ)。1994年にこの規格の正式名称はTIA/EIA-232-Eとなったが、現在でも一般にはRS-232規格と呼ばれることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

RS-232の関連キーワードシリアルインターフェイス入出力インターフェイスデジタルマルチメーターハードウェアフロー制御ターミナルアダプターターミナルアダプタキャリアディテクトターミナルサーバーOSI階層モデルRSシリアルポートピンコネクターマザーボードRSモデムポートシリアル転送KERMITRSデータポートUSART

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android