コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RS-232 あーるえすにさんにしー

1件 の用語解説(RS-232の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RS-232

RSは「Recommended Standard」の略。RS-232EIA(Electronics Industry Association)が策定したシリアル通信の標準規格。25ピンのD-Subまたは9ピンのD-Subコネクターを用いる。規格上は25本の信号線すべてに対してその目的とタイミングが規定されているが、実際のデバイス接続では、このうちの数本しか利用されないことが多い(シリアル通信であるため、データを送る線はただ1つのみ)。1994年にこの規格の正式名称はTIA/EIA-232-Eとなったが、現在でも一般にはRS-232規格と呼ばれることが多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

RS-232の関連キーワードPC 95売られた花嫁PAC-MANチャレンジャー食事摂取基準CD-R TypeⅡ食事摂取基準

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RS-232の関連情報