コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rayet,G. RayetG

世界大百科事典内のRayet,G.の言及

【ウォルフ=ライエ星】より

…1867年にパリ天文台のウォルフC.WolfとライエG.Rayetによって発見された輝線星の一種。スペクトルはHe,O,N,Cなどの電離イオンが放射する幅広く強い輝線が特徴である。イオンの電離段階から星の表面温度は4万~6万Kと推定される。また,輝線の幅を大気運動によるドップラー効果によるものと考えると,ウォルフ=ライエ星の大気は2000~4000km/sの高速度で流出状態にある。この星には化学組成の異常も知られており,Cに富む炭素系列とNに富む窒素系列に分かれ,星の進化との関係が注目されている。…

※「Rayet,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Rayet,G.の関連キーワードウォルフライエ星ウォルフ=ライエ星ウォルフ‐ライエ星

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android