コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rh 因子

大辞林 第三版の解説

Rh 因子

〖Rh factor〗 〔Rh はアカゲザル(rhesus monkey; rhesus macaque)の種名から〕
1940 年、ランドシュタイナーとウイナーによって発見された、ヒトとアカゲザルの赤血球に共通する抗原。この抗原をもつ血液を、この抗原をもたない人に繰り返し輸血すると溶血反応を示し、生命が危険になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のRh 因子の言及

【アカゲザル】より

…分布域も広く,個体数も多く,もっとも繁栄しているサルの1種である。人間の血液型のRh因子とは,アカゲザルの英名に由来し,アカゲザルの血液にある抗原と共通のものをもっているか否かによって,RhとRhが区別される。入手しやすく,飼育も容易であることから,医学,生理学,心理学などの分野で各種の実験に広く用いられている。…

【血液型】より

…MNとP血液型はヒトの赤血球をウサギに注射して得られた血清を使って発見されたが,その後(1937ころ。発表は1940)ラントシュタイナーはウィーナーA.S.Wiener(1907‐76)と共同で,これと同じ手法でRh因子を発見した。すなわち,アカゲザルrhesus monkeyの赤血球でウサギを免疫したところ,アカゲザルだけでなく白人の約85%の血球を凝集させる抗体が産生され,その反応はABO,MNおよびP血液型とは無関係であった。…

※「Rh 因子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Rh 因子の関連キーワードウィーナー(Alexander Solomon Wiener)アレキサンダー・ソロモン ウィーナー交叉適合試験(交差適合試験)甲状腺刺激ホルモン放出因子副腎皮質刺激ホルモン成長ホルモン抑制因子フィリップ レビンランドシュタイナーラントシュタイナーリウマトイド因子血液型不適合妊娠妊娠中の健康管理マイクロRNARh 式血液型Rh式血液型成長ホルモン小児血液疾患アカゲザルストレス人工血液