コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Rhopalura ophiocomae Rhopaluraophiocomae

世界大百科事典内のRhopalura ophiocomaeの言及

【去勢】より

…後者の場合にも精巣の卵巣化が見られることが多いが,一般に二次性徴に大きな変化はない。甲殻類間の寄生関係以外にも,中生動物直遊類のRhopalura ophiocomaeが雌雄同体のアゴクモヒトデAmphiura squamataの生殖腔に寄生すると卵巣の発育がおさえられること,扁形動物吸虫類のスポロシストやレディアが中間宿主の巻貝に寄生する際,卵巣または精巣に直接寄生するとこれら生殖腺は破壊されてしまうことなどの例もある。 寄生去勢の機構については,宿主の物質代謝あるいはホルモン分泌の変化などに原因を求める諸説があるが,普遍的に受け入れられるものはない。…

※「Rhopalura ophiocomae」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android