Ronchamp

世界大百科事典内のRonchampの言及

【ル・コルビュジエ】より

… 大戦中,基準尺の研究を進めて独自の〈モデュロールModulor〉を得,より自由なプランと造形の可能性を手中にした。戦後の,都市の巨大住居単位として実現したマルセイユの集合住宅ユニテ(1946‐52)や,これまでと違って自由で彫塑的な造形を示すロンシャンRonchampの教会(1951‐54)は,その飛躍と変貌で人々を驚かしたが,いつも基調にはモデュロールが置かれている。さらにインド,パンジャブ州の新州都チャンディーガルで初めて都市計画の夢を実現(1955)。…

※「Ronchamp」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android