コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

S‐R説 エスアールせつstimulus‐response theory

世界大百科事典 第2版の解説

エスアールせつ【S‐R説 stimulus‐response theory】

学習とは,ある刺激Sに対して生体の特定反応Rが連合するのが基本だとする学習理論。S‐R連合(学習成立)の条件からさらに三つの立場に分かれる。すなわち(1)ある反応が学習されるかどうかは,その反応によって生体のもつ動機が充足されるかどうかの効果とか生体内の動因低減を強調する強化説,(2)刺激と反応が同時におこれば継時的な場合よりも最大の連合がおこることから,S‐Rの時間的接近を強調する接近説,(3)学習の型によって強化あるいは接近が主役を演じる場合があるとする2要因説である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のS‐R説の言及

【S‐S説】より

…学習心理学におけるS‐R説と対立する理論で記号意味説ともいう。学習とは時間的空間的に接近した二つの刺激があるとき,前の刺激が後の刺激についての記号として意味をもつようになることであると考える。…

※「S‐R説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

S‐R説の関連キーワードS‐S説

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android