コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

S‐S説 エスエスせつsign‐significate theory

世界大百科事典 第2版の解説

エスエスせつ【S‐S説 sign‐significate theory】

学習心理学におけるS‐R説と対立する理論で記号意味説ともいう。学習とは時間的空間的に接近した二つの刺激があるとき,前の刺激が後の刺激についての記号として意味をもつようになることであると考える。そこに手段‐目標関係の認知地図ができ上がるのであって,動因低下とか強化が学習の基礎ではないとする。その根拠は場所学習や潜在学習の事実である。この説の代表者トールマンE.C.Tolman(1886‐1959)が学習と実行行動を別概念としたのは注目される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android