コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SAP(合金)(読み)えすえーぴー

世界大百科事典内のSAP(合金)の言及

【耐熱合金】より

…アルミニウム合金のジュラルミンもある程度の耐熱性をもつことが知られている。アルミニウム粉を焼結したSAP(sintered alminium powder)は,アルミナAl2O3が素地金属中に分散することによって優れた高温強度を発揮する。チタンおよびチタン合金は500℃程度までの温度で合金鋼に匹敵する強度を発揮し,航空機材料として欠くことのできない材料である。…

【複合金属材料】より

…分散強化型合金dispersion strengthened alloyは,おもに高温でも強度が高く化学的に安定な酸化物の粒子を分散させることにより,高温強度を高めた合金である。SAP(sintered aluminum powder)はアルミニウムにアルミナAl2O3を分散させたものである。TDニッケルthoria dispersed nickelはニッケルに酸化トリウム(IV)ThO2を分散させたもので,1000℃以上になると他の耐熱ニッケル合金よりも強度が高い。…

※「SAP(合金)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android