コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SAS(人工衛星) えすえーえす

世界大百科事典内のSAS(人工衛星)の言及

【X線天文学】より

…星間空間の熱いプラズマもX線で調べられるようになっている。 1970年末,初めてX線天文専門の人工衛星ウフルUHURU(アメリカ)が打ち上げられて以来,70年代にはSAS‐3(アメリカ),エアリエルAriel‐5(イギリス)などを含む5~6個の小型天文衛星が観測し,70年代末にはHEAO‐1,HEAO‐2(アインシュタイン衛星と呼ばれる)2個の重量2~3tの大型衛星が働いた。83年初頭に観測を続けているのは,日本の宇宙科学研究所による〈はくちょう〉〈てんま〉の2個のX線天文衛星だけである。…

※「SAS(人工衛星)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SAS(人工衛星)の関連キーワードスペース望遠鏡睡眠ポリグラフ検査千野 茂アンディ マクナブクリス ライアンSAS睡眠時無呼吸症候群SBSSFSG特殊空挺部隊