コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SCSK エスシーエスケイSCSK Corporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

SCSK
エスシーエスケイ
SCSK Corporation

IT(情報技術)サービス企業。2011年に住商情報システムが CSK(→シーエスケイ)を吸収合併し,統合新会社として設立。事業内容はシステム開発,ITインフラ構築・マネジメント,BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング),ITハードウェア・ソフトウェア販売など,ITサービス全般にわたる。母体となった住商情報システムは 1969年に住友商事の子会社,住商コンピューターサービスとして設立された。1991年東京証券取引所 1部上場,1992年住商情報システムに改称。住友グループでのグループ内受注が約半分を占め,業界大手として自社開発ソフトウェアに定評があり,情報処理サービス部門も安定して収益を伸ばした。2011年,不動産証券化ビジネスなど金融サービス事業で多額の赤字を計上した CSKを吸収合併,現組織となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

SCSK

正式社名「SCSK株式会社」。英文社名「SCSK Corporation」。情報・通信業。昭和44年(1969)「住商コンピューターサービス株式会社」設立。平成4年(1992)「住商情報システム株式会社」に改称。同17年(2005)「住商エレクトロニクス株式会社」と合併。同23年(2011)「株式会社CSK」と合併、現在の社名に変更。本社は東京都江東区豊洲。住友商事子会社のシステムインテグレーター。金融業・通信業向けシステム販売やソフトウェア受託開発などを行う。東京証券取引所第1部上場。証券コード9719。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

SCSKの関連キーワードCSKサービスウェア

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SCSKの関連情報