SDGs(持続可能な開発目標)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

SDGs(持続可能な開発目標)

Sustainable Development Goalsの略。貧困や格差をなくし、持続可能な社会を実現するために2030年までに世界が取り組む行動計画。「貧困」「気候変動」など17分野からなり、「妊産婦の死亡率を出生10万人あたり70人未満に削減する」「小売り、消費段階での食料の廃棄を半減させる」といった169の具体的目標が盛り込まれている。途上国だけでなく先進国も含めた全ての国連加盟国が達成すべき目標として、2015年の国連総会で全会一致で採択された。

(2017-07-17 朝日新聞 朝刊 4総合)

SDGs(持続可能な開発目標)

国連総会で2015年採択された全ての国連加盟国が30年までに取り組むべき行動計画。「誰も置き去りにしない」を共通理念に、「貧困をなくそう」「パートナーシップで目標を達成しよう」などの17分野からなる。さらに、「暴力の防止とテロの撲滅のため、国際協力を通じて国の機関を強化する」といった具体的な169項目の目標が掲げられている。

(2018-11-14 朝日新聞 朝刊 広島全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SDGs(持続可能な開発目標)の関連情報