コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SFA(Sales Force Automation)

1件 の用語解説(SFA(Sales Force Automation)の意味・用語解説を検索)

マーケティング用語集の解説

SFA(Sales Force Automation)

顧客データベースを活用することで人的販売を支援する業務アプリケーションのこと。モバイル機器やコールセンターなどを組み合わせることで統合的なフロントオフィスシステムと位置づけることができる。
SFAが提供する主な機能は以下の4つである。
・営業支援ツールの提供 資料テンプレート、受発注機能、見積もり機能
・管理機能 スケジュール管理、顧客管理、プロジェクト管理
ナレッジ機能 事例データベース、グループウェア
・市場情報提供 競合情報、業界情報、市場動向
これらの情報を共有、活用することにより販売効率の向上を目指すシステム。
ここでも重要な要素は、しっかりとした戦略を策定しそこにITを適応させて行くことです。

出典|(株)マインズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

SFA(Sales Force Automation)の関連キーワードインハウスデータベースWebマーケティング関係データベースデータベース管理システムデータベースサービス顧客データベース分散データベースR.L.POLKリレーショナル・データベースデータベース・ソフト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone