コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SFA(Sales Force Automation)

マーケティング用語集の解説

SFA(Sales Force Automation)

顧客データベースを活用することで人的販売を支援する業務アプリケーションのこと。モバイル機器やコールセンターなどを組み合わせることで統合的なフロントオフィスシステムと位置づけることができる。
SFAが提供する主な機能は以下の4つである。
・営業支援ツールの提供 資料テンプレート、受発注機能、見積もり機能
・管理機能 スケジュール管理、顧客管理、プロジェクト管理
・ナレッジ機能 事例データベース、グループウェア
・市場情報提供 競合情報、業界情報、市場動向
これらの情報を共有、活用することにより販売効率の向上を目指すシステム。
ここでも重要な要素は、しっかりとした戦略を策定しそこにITを適応させて行くことです。

出典 (株)マインズマーケティング用語集について 情報

SFA(Sales Force Automation)の関連キーワードパートナーリレーションシップマネジメントES(エンプロイーサティスファクション)イスファハーンのマスジッドセールスフォースオートメーションインターナル・マーケティングイスファハンのイマーム広場リンディスファーンの福音書セールスサポートシステムローリング・ストーンズお葬式から事件は始まるサティスファクション日本アフェレシス学会スファトゥルイ広場ビーサンがんちゃん従業員満足(ES)統合特殊部隊航空団クロスフェード再生営業支援システム顧客データベースエーベンスムー

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android