コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SIC Code スタンダード・インダストリアル・クラシフィケーション・コードStandard Industrial Classification Code

1件 の用語解説(SIC Codeの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

スタンダード・インダストリアル・クラシフィケーション・コード【SIC Code Standard Industrial Classification Code】

4桁の数字で表されるコードで、様々な業界をその機能と製品とによって定義するためにアメリカ政府により定められたもの。SICコードはダイレクト・マーケターにより、リストを分類するためやプロモーションターゲット絞込の為に使用されている。政府はSICコード゛をビジネスに関する国勢調査の報告と追跡とに利用している。最初の2桁の数字は業界の大分類であり、後ろの2桁は業界の小分類を示す。例えば、SICコード2300は衣類製造業者を表し、SICコード2352は帽子製造業者を表す。SICコードでは、ダイレクト・マーケターは、ある企業がSICコードで定義されたビジネスのみに携わっているのか、SICコードで定義されたビジネスはその企業の主要部分でしかないのかが判断出来ない。後者の場合には、おそらく、SICコードでは定義されていない部分でその企業に関係する別のマーケティング゛のチャンスが存在することになろう。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone