SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)

  • SNS
  • ソーシャル・ネットワーキング・サービス

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

SNSではインターネットの特定のサイトで利用者が意見や情報を交換できる。趣味や職業を同じくする人々が交流することが多く、日本では1500万人以上が利用する「ミクシィ」などがある。ツイッターは「つぶやき」と呼ばれる最大140字までの短い文章を瞬時多人数で交換できるのが特徴。携帯電話からも簡単に使え、思ったことなどを気軽に書き込める。特定の利用者を追いかけるフォローと呼ばれる機能があり、その書き込みを自分のページに時系列で表示させ、返事をもらうこともできる。今回のイラン情勢では、ツイッターの利用者がキーワード検索欄に「イラン選挙」などと打ち込んで国内外の情報発信者を探し、フォローしていた。「ネダ」が撃たれたという情報も当初、ツイッター利用者の間で広まった。

(2009-06-28 朝日新聞 朝刊 2総合)

登録した会員同士が双方向で情報をやりとりできるインターネット上の交流サイトフェイスブック原則として実名で登録するので、相手がどんな人なのか分かったうえで交流できる。利用者は世界で9億人超。ツイッターは「つぶやき(ツイート)」と呼ばれる140字以内の短文を投稿する仕組み。利用者ごとに専用ページが割り当てられ、自分の投稿とあらかじめ「フォロー」(登録)した人の投稿が時系列で表示される。利用者は世界で1億4千万人以上。会員登録が不要の「2ちゃんねる」などはSNSに含まれない。

(2012-04-25 朝日新聞 朝刊 オピニオン1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の関連情報