コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SNSと災害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

SNSと災害

東日本大震災では情報伝達手段として、即時性のあるツイッターなどのSNSが活躍した。気象情報会社ウェザーニューズの調査によると、全国(被災地を除く)で震災後に固定電話や携帯電話・メールで家族らに連絡を取ろうとした人が平均3時間以上かかったのに対し、SNSを使った人は平均1時間59分だった。

(2012-03-22 朝日新聞 朝刊 愛知 地域総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

SNSと災害の関連キーワード東日本大震災

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android