コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SP 法 えすぴーほう

世界大百科事典内のSP 法の言及

【電気探査】より

…電気二重層は,大地の電気伝導が地層水中のイオン伝導であるのに対し,金属鉱物内は電子伝導であるため,通電により境界面にイオンがたまって形成される。自然電位(SP)を用いる自然電位法(SP法)では,自然の状態で地表で観測される電位分布を解析して地下を推定する。大地の孔隙中を水が流れるとき,固体‐液体の境界面における電位差(ゼータ電位)に空間的偏位が生じ,流動電位が観測される。…

※「SP 法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

SP 法の関連キーワードSpansion Japanプロジェクトマネジメント学会SPC(特別目的会社)方式ウォルフガング クレメントアルタミラ・イ・クレベアセミケミカルパルプパースペクティブ有機ハロゲン化物車椅子に乗った女有機ケイ素化合物複素環式化合物大気汚染測定局資産流動化法ベルクボーム亜硫酸パルプシュレーダーファルトレク芳香族化合物特別目的会社脂肪族化合物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SP 法の関連情報