Sachsenhausen

世界大百科事典内のSachsenhausenの言及

【フランクフルト・アム・マイン】より

…それは,上町Oberstadtと下町Unterstadtに分かれ,国王の家人,商人,手工業者などが居住し,1150年からユダヤ人の存在も知られる。対岸には,1220年以降ドイツ騎士修道会や騎士たちの居館が並び,菜園耕作人やブドウ栽培人,漁夫,船頭の住むザクセンハウゼンSachsenhausen市区が出現した。40年フリードリヒ2世(在位1212‐50)は,特許状をもって秋の大市Messeを公認し,王領地の穀物やブドウ酒,毛織物をはじめ各種の取引がいっそう盛んになった。…

※「Sachsenhausen」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android