コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Saharian art Saharianart

世界大百科事典内のSaharian artの言及

【サハラ砂漠】より

…また16世紀以後は北アフリカに進出したオスマン・トルコを通じて,西アジアとサハラ以南のアフリカの交流にサハラ砂漠は大きな役割を果たした。【川田 順造】
[サハラの岩面画]
 サハラ砂漠の山岳地帯には岩面彩画・刻画が広く分布し,〈サハラ美術Saharian art〉とも呼ばれる。これらはタッシリ・ナジェール,ホガールHoggar,南オラン(以上,アルジェリア),アドラール・デジフォラス(マリ),アイールAïr(ニジェール),ティベスティ山地エネディ(以上,チャド),フェッザーン(リビア),アドラール・ド・モーリタニー・エ・ストゥーフAdrar de Mauritanie et Stouf(モーリタニア),南モロッコの各地に遺存する。…

※「Saharian art」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Saharian artの関連キーワードフリードランダー芸術原始美術シャーカフスキーバーニー(Matthew Barney)テクノロジカル・アートディディ・ユベルマンペブスナー(Nikolaus Bernhard Leon Pevsner)生殖補助医療技術ART

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android