コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントキルダ セントキルダSt. Kilda

デジタル大辞泉の解説

セント‐キルダ(St. Kilda)

スコットランドの西の海上約190キロメートルに位置する群島。断崖はニシツノメドリなど海鳥の一大繁殖地となっている。青銅器時代の特徴を残す野生のヒツジも生息し、全体が生物圏保護地域に指定されている。また、主島のヒルタ島からは紀元前の巨石遺跡も発見され、1986年には世界遺産自然遺産)に登録。2005年には文化遺産としての価値も認められ、複合遺産に拡大登録された。
オーストラリア、ビクトリア州の州都メルボルンの市街南東部の一地区。19世紀半ばより海岸保養地として知られ、海水浴場や遊園地ルナパークがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セントキルダの関連キーワードプロボクシングの階級広島東洋カープ公孫氏政権ムンバイ鉄道テロスペイン政変サパテロ政権H‐IIAロケット核不拡散条約ジオキャッシングスポーツ振興くじ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セントキルダの関連情報