Salon de la Rose-Croix(英語表記)SalondelaRoseCroix

世界大百科事典内のSalon de la Rose-Croixの言及

【ペラダン】より

…〈シャー〉(ペルシア語で〈王〉の意)を自称する。1892年に,〈薔薇十字サロンSalon de la Rose‐Croix〉を創設し,象徴派以後の作家,芸術家に影響を与えた。最初の作《至高の悪》(1884)以来,19巻に及ぶ《ラテン民族の落》(1885‐1907)など数多くの魔術的理論書,小説,芸術批評書,戯曲を残す。…

※「Salon de la Rose-Croix」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android