コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sant'Ivo alla Sapienza SantIvoallaSapienza

世界大百科事典内のSant'Ivo alla Sapienzaの言及

【ボロミーニ】より

…同じく凹凸の強い動きを見せるファサードはよく知られているが,しかしこれは彼の最晩年の工事で,没後完成したものである。ついで手がけた当時のローマ大学の付属礼拝堂,サンティーボ・アラ・サピエンツァSant’Ivo alla Sapienzaは同様な方法の発展であり,その幻想的な空間は彼の達した最高の境地を物語るものであるが,同時に,ドーム頂上の〈知恵〉を象徴する螺旋状の小塔にも示されるように,建物のあらゆる部分が寓意に満たされていることも見のがせない。彼は熱烈な支持者に支えられて財政的に豊かでない修道会の仕事を多く引き受けたが,教皇インノケンティウス10世在位のあいだは,その引立てでサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂の改修(1646‐50)のような工事を引き受けている。…

※「Sant'Ivo alla Sapienza」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Sant'Ivo alla Sapienzaの関連キーワードウォルムス協約モンタンモンタンスウェーデン王立バレエ団モンタンイヴ モンタンスカラ座ペスカトーラカルボナーラスパゲティ・カルボナーラ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android