コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Schott,G. SchottG

世界大百科事典内のSchott,G.の言及

【怪物】より

…リュコステネスC.Lycosthenesの《異兆と証された年代記》(1557)は怪物誕生と異変の関係を探り,ルターとメランヒトンはこれを宗教論争に利用して〈教皇ロバ〉なる架空の奇形をでっちあげ,ローマ・カトリック崩壊の予兆と喧伝した。しかし真の意味での生物学が勃興すると,怪物や奇形を自然現象の神秘と見る研究者が現れ,ゲスナー《動物誌》(1551‐58),パレ《怪物と奇形について》(1573),ショットG.Schott《自然の奇異》(1662)などの著作が現れた。彼らの著作では,途方もないプリニウス流の怪物はほぼ姿を消しているが,それでもグリフォンやドラゴン,人魚などは実在の生物として残った。…

※「Schott,G.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Schott,G.の関連キーワードフィロデンドロンアロカシアタロイモショットモリテックスアグラオネマアンスリウムジグモンディシンゴニウムフィロデンドロンカラスビシャク

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android