コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Semidalis albata Semidalisalbata

世界大百科事典内のSemidalis albataの言及

【コナカゲロウ(粉蜻蛉)】より

…極地を除く世界中に広く分布し,240種が知られ,日本からは5種が記録されている。成虫の発生期は種により異なるが4~10月におよび,おもに松柏類,常緑カシ類に見いだされ,シロコナカゲロウSemidalis albata(イラスト)は初夏に生垣のカイヅカイブキに多数発生する。卵は長楕円形で長径約0.5mm,表面には網目状の模様があり,葉の縁や裏面に1卵または2,3卵ずつ産みつける。…

※「Semidalis albata」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Semidalis albataの関連キーワードコナカゲロウ(粉蜻蛉)白粉蜉蝣