コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shah Rukh(アフシャール朝) ShahRukh

世界大百科事典内のShah Rukh(アフシャール朝)の言及

【アフシャール朝】より

…ために,同王朝は急速に衰えた。ザンド朝のカリーム・ハーンによってホラーサーンの統治権を認められ,地方王朝として命脈を保ったが,96年ナーディル・シャーの孫シャー・ルフShah Rukh(在位1748‐96)がカージャール朝の始祖アーガー・ムハンマドに処刑されて滅亡した。【羽田 亨一】。…

※「Shah Rukh(アフシャール朝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Shah Rukh(アフシャール朝)の関連キーワードビレンドラシャーモスクホシャンシャー廟シャールクネアーラム廟クアラ・ルンプルシルバン・シャー国マシュハドカイ・カーウースパラス王子

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android