コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shaikh Mubārak ShaikhMubarak

世界大百科事典内のShaikh Mubārakの言及

【ムガル帝国】より

… 帝国の支配機構はアクバル時代中期に整えられた。その時アクバルのもとで活躍した人物はシャイフ・ムバーラクShaikh Mubārakとその2人の息子で,とくに年少の息子アブール・ファズルは歴史書《アクバル・ナーマ》《アクバル会典》の叙述・編纂をしたことで有名である。帝国の支配は全土を12(後に15)の州(スーバsūba)に分けて行われたが,中央からの直轄支配領域はおもに北インドであった。…

※「Shaikh Mubārak」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Shaikh Mubārakの関連キーワードタイムールムバラクムザッファル朝ムザッファル朝コナーラクの太陽神寺院羅刹ドワールカラークシャサ音韻論

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android