コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shamm al-nasīm Shammalnasim

世界大百科事典内のShamm al-nasīmの言及

【祝祭日】より

…イランでは,西暦やヒジュラ暦のほかにイラン暦(太陽暦)が用いられており,これに従って,新年(ノウルーズnourūz,西暦の3月21日),新年の13日目(同4月2日)などが祝祭日となっている。エジプトでは,コプトの復活祭(西暦3月末から5月初めころ)に続く月曜日が,シャンム・アンナシームShamm al‐nasīm(アラビア語で〈そよ風をかぐ〉の意)と呼ばれる祝祭日になっているが,これは古代エジプトの春の祭礼に由来するといわれる祝祭日である。休日年中行事【清水 芳見】。…

※「Shamm al-nasīm」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Shamm al-nasīmの関連キーワードNASローカルディスクDLNANASストレージWindows Powered NASWebDAVSambaファイルアクセスナストーア