コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Shaykh Mubārak ShaykhMubarak

世界大百科事典内のShaykh Mubārakの言及

【アクバル】より

…それらの勢力を倒したあと,60年代後半になると,絶対君主としての地位を固める方策をとっていった。シャイフ・ムバーラクShaykh Mubārakおよびその2人の息子アブール・ファイズ・ファイズイー,アブール・ファズルらを側近にし,自らの支配を理論的に擁護させようとしたのはその一つのあらわれである。また,彼は,バーブル,フマーユーン以来の,中央アジア出身の部族の伝統を継ぐ軍事体制を改革して,ラージプート軍団を主力にとり入れた新たなムガル軍事体制をつくりあげようと試みた。…

※「Shaykh Mubārak」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Shaykh Mubārakの関連キーワードムバラクムザッファル朝ムザッファル朝コナーラクの太陽神寺院羅刹ドワールカラークシャサ音韻論アフサーイーアリー・ベイ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android