Sircam(読み)さーかむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Sircam

ワームに分類されるウイルスの一種。2001年7月に発見された不正プログラムで、感染すると、Windowsのアドレス帳などに登録されている電子メールアドレス宛に、ウイルスを送信する。なお、駆除を行っても再感染する恐れがあるばかりでなく、10月になると一定の確率でハードディスクの空き容量を消去するなど、危険度の高いウイルスといえる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android