コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Société des Amis des Noirs SocietedesAmisdesNoirs

世界大百科事典内のSociété des Amis des Noirsの言及

【奴隷廃止運動】より

… もっとも,全ヨーロッパ的にみると,すでに1792年にはデンマーク王が10年後の奴隷貿易廃止を命じていた先例がある。またフランスでは,1685年に〈黒人法典〉が出されて,一般に奴隷の扱いが穏やかだったといわれるが,1788年にはパリで〈黒人の友協会Société des Amis des Noirs〉が設立され,奴隷貿易や奴隷制への批判を強めていた。フランス革命ではそれらの廃止は実現しなかったが,西インド諸島のフランス植民地の中心サン・ドマングでは,F.D.トゥサン・ルベルチュールとその後継者J.J.デサランの活躍によって,1804年,奴隷と混血者(ムラート)による反乱が最終的に成功してハイチ共和国の独立が宣言され,事実上奴隷貿易の意味はなくなり,14年に結ばれたイギリスとの協定に19年以降の奴隷貿易廃止が明文化された。…

※「Société des Amis des Noirs」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Société des Amis des Noirsの関連キーワード世界のおもなアカデミーコルドリエ・クラブローヌ・プーラン[会社]クラストル百科全書ボンヌフォアフォントネルファッション・ブックフランス社会党フランス労働総同盟

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android