コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Sphaerophon Sphaerophon

世界大百科事典内のSphaerophonの言及

【電子楽器】より

…1920年にロシアのテレミンLéon Thérémine(1896‐ )がうなり発振器を用い,アンテナに手を近づけると音の高さが変化する楽器〈テレミン〉を造ったのが最初。26年に,ドイツのマーゲルJörg Mager(1880‐1939)は同じくうなり発振器を用い,周波数制御にダイヤルを用いる〈スフェロホンSphaerophon〉を考案した。28年には,リボンを押さえる位置で周波数が変化する〈ヘレルツィオンHellertion〉が2人のドイツ人(ヘルベルガーB.HelbergerとレルテスP.Lertes。…

※「Sphaerophon」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Sphaerophonの関連キーワード電子楽器

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android