Storage Area Network(読み)すとれーじえりあねっとわーく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

Storage Area Network

ストレージ(記憶装置)をつなぐネットワーク。LANに対しSANと呼ばれる。SANのメリットは、ひとつは、部門ごとに設置されたストレージを集約し、集中管理できる点。部門ごとに装置を導入する必要がなくなり、また、余剰の記憶スペースも集約できるため、無駄なく資源を活用できる。もうひとつのメリットは、専用のネットワークを構築するため、ストレージ-サーバー間のトラフィックをLANから除外できる点。同時に、SANは外部と直接接続されることはないため、セキュリティーの向上も期待できる。物理的には、LANとは異なり、ファイバーチャネルやiSCSIといった物理層プロトコルで構築されることが多い。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android