コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Stradivari,F. StradivariF

世界大百科事典内のStradivari,F.の言及

【ストラディバリ】より

…17世紀後半~18世紀にイタリアのクレモナで活動したバイオリンを主とする弦楽器製作者の一族。とくにアントニオAntonio(1644?‐1737)は史上最高のバイオリン製作者といわれる。アマーティのもとで修業したのち,アマーティ型よりもやや大きく音量のある独自のバイオリンを完成し,それ以後のバイオリン製作の規範となった。今日真作とされているものには,約600のバイオリンのほかに,少数のすぐれたチェロ,ビオラが含まれている。…

※「Stradivari,F.」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

Stradivari,F.の関連キーワードストラディバリウスバイオリン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android