Swatantra

世界大百科事典内のSwatantraの言及

【ラージャゴーパーラーチャーリア】より

…インド独立後,インド人として最初にして最後のインド総督(1948‐50)を務め,50‐51年中央政府内相,52‐54年にはマドラス州首相。のちネルーの進歩的諸政策に反対して会議派を離れ,59年には地主や旧藩王,一部の資本家勢力を代弁するスワタントラSwatantra(自由)党を結成する。《マハーバーラタ》などのインドの古典や宗教書の研究者としても知られ,著書も多い。…

※「Swatantra」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android