コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

Tīmūr-i lang Timurilang

世界大百科事典内のTīmūr-i langの言及

【ティムール】より

…シャフリ・サブズ近郊のホージャ・イルガルに,トルコ化・イスラム化したモンゴル族(チャガタイ・トルコ族)の一つ,バルラース部の一員として生まれる。盗賊団の首領として過ごした青年時代に,その右手,右足に終世の傷を受け,そのため彼に敵意を抱く者たちは,彼をティムーリ・ラングTīmūr‐i lang(ペルシア語で〈びっこのティムール〉)と呼び,これがヨーロッパに伝えられて,タメルランTamerlane,タンブルレンTamburlaineなどの呼称を生んだ。中国史料では帖木児と記される。…

※「Tīmūr-i lang」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

Tīmūr-i langの関連キーワード蛍の光ランテンガ島ラントゥンガ島カイディン帝廟トゥドゥック帝廟ミンマン帝廟蛍の光クラスローダー雨量因子クリスチャニア岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android