コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TABLE FOR TWO てーぶるふぉーつーTable For Two

知恵蔵の解説

TABLE FOR TWO

先進国の肥満と途上国飢餓の問題を同時に改善しようとするNPO法人「TABLE FOR TWO International」の取り組み。先進国で販売する健康食の代金の一部を途上国の給食支援に充てる国際貢献活動で、2007年に日本で始まり、海外にも広がっている。
TFTは「テーブル・フォー・ツー」の頭文字で、「2人の食卓」を意味する。この活動に参加する企業などは、ガイドラインに従ってカロリーを控えた栄養バランスの良いTFTメニューを社員食堂などで提供し、その1食の食事代のうち20円を寄付する。また、小売店や飲食店で趣旨に沿った弁当や飲料、食事など販売することで参加する企業もあり、販売代金の一部が寄付される。これらの寄付金は、途上国の学校給食支援に充てられ、子どもたちの栄養状態の改善や就学支援に役立っているという。寄付金の20円はアフリカの給食1食分に当たるといい、TFTの1食の購入が途上国の1食分を支える計算だ。
自分の健康のための食事がアフリカの子どもたちを支えるという活動の魅力からか、TFT商品の売れ行きは好調といい、参加する団体も増えている。これまでに企業の他、官公庁や大学、病院、レストラン、コンビニエンスストアなどが参加。10年9月末時点で、参加団体は国内の約330団体に加え、米国、インド、スイス、台湾の4カ国の計12団体に拡大。給食の支援先はウガンダ、ルワンダ、マラウィ、エチオピアの4カ国に増え、南アフリカでは学校菜園を支援している。アフリカの子どもたちに届けた給食は約512万食分になるといい、活動の輪が広がっている。

(原田英美  ライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

TABLE FOR TWO

日本人が06年に提案した社会貢献活動。肥満に悩む先進国の食堂で(1)1食あたり約730キロカロリー(2)栄養バランスがとれている(3)野菜を多く含む定食を出す。売り上げ1食あたり20円が、飢餓で人々が命を落とす途上国に寄付される仕組みになっている。20円は途上国の学校給食1食分にあたり、肥満予防の食事が子供の給食にもなる、というのが運動名の由来。国外でもインドの2企業が参加し、08年9月にNPOのアメリカ支部もできた。

(2009-01-19 朝日新聞 朝刊 長崎 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

TABLE FOR TWOの関連キーワードWellTFT活動

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android