コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

TBSの買収防衛策

1件 の用語解説(TBSの買収防衛策の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

TBSの買収防衛策

発行済み株式の20%以上を持とうとする「買収者グループ」が現れた際に、買収者以外の株主だけに新株予約権を与える、ポイズンピル(毒薬条項)と呼ばれる防衛策が柱。買収者の株式の保有比率を引き下げる効果がある。争いを避けるために楽天との間で結んだ「覚書」の解消に伴い、2月末に防衛策の導入を表明。正式には6月のTBS株主総会で導入の承認を求める。

(2007-04-20 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

TBSの買収防衛策の関連キーワード大株主株式時価総額主要株主BPS(Book-value per share)発行済株式100%減資一株当たりキャッシュフロー一株当たり利益持株比率全部取得条項付種類株式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone